「住まいを守る!」屋根・外壁塗装

家を丈夫で長持ちさせるには、建築後10年〜12年が塗装の目安です!

塗り替えの症状が出たらまずご連絡ください。
無料診断・無料見積いたします。
屋根材・外壁材によりそれぞれ塗料が異なります。
当社ではシリコン塗装を超える強靭な塗膜を作る日本ペイント製「パーフェクトシリーズ」塗料での塗布をお勧め致します。

シリコン樹脂塗装を超える強靭な塗膜を作る日本ペイント
「パーフェクトシリーズ」塗料を絶対の自信を持ってお勧め致します!!

こんな症状が出たら塗り替えの時期です!

屋根

  • 塗装の剥がれ、サビが発生した時
  • スレート系屋根材の色があせた時

外壁

  • 壁を手でこすり、手のひらに白い粉が着いた時(白亜化)
  • モルタル壁にひび割れ、サイディングの目地にひび割れした時
  • 塗膜が剥がれた時
  • 壁にカビ・藻が発生した時
  • 壁の色があせたり、汚れが気になった時

鉄部・木部

  • サビたり、色あせたが時
  • 塗膜の劣化が激しい時

塗り替え時期に塗装を施すことが、大切な我が家を長持ちさせます!

シリコン塗装を超える強靭な塗膜のもう1ランク上の
日本ペイント製塗料[パーフェクトシリーズ]でこの価格なら絶対お得です。

期間限定「足場工事代無料サービス中!」

当社では従来のシリコン樹脂塗装よりも1ランク上の日本ペイント製のラジカル制御技術に依る高耐候性塗料「パーフェクトシリーズ」製品で仕上げます。
一般の塗膜は、紫外線があたると顔料の主成分である酸化チタン内からラジカルが発生拡散します。ラジカルは有機物を攻撃して分解する性質が有り樹脂同士の結合を破壊し、それが塗膜劣化の大きな原因となります。
ラジカルの発生を抑える性質を持ち、発生したラジカルを封じ込める高耐候酸化チタンの活用開発に成功しラジカルを捕らえる機能を持つ光安定剤の併用でシリコングレードを超える優れた耐候性を備えた「パーフェクトシリーズ」塗料が誕生しました。

  1. 優れた耐候性
    高耐候酸化チタンと光安定剤によるW効果により、耐候性を高める「ラジカル制御」技術により、紫外線に強い1液弱溶剤系シリコングレードを超える(当社従来品比)強靭な塗膜を形成し、塗りたての美しさを長時間保ちます。
  2. 美しい艶(ツヤ)
    ポリマーが塗膜間の隙間を埋めるため、緻密で滑らかな塗膜形成が可能となり、優れた高光沢を実現できました。また、パーフェクトシリーズ下塗りとの組み合わせによりさらに美しい外観が得られます。ニーズに合わせたしっとりとした落ち着きのある三分ツヤ、ツヤ消しなどツヤの調整が可能です。
  3. 低汚染性
    親水化技術により、雨だれ汚染に対して優れた効果を発揮します。
  4. 防藻・防カビ機能
    防藻・防カビ機能で、嫌な藻やカビ菌の発生を抑制します。オプションで「強力防カビ」を選択することも可能です。
  5. 透湿性
    高い透湿性により、結露から建物を守ります。

■塗装工程

■「塗装工事ってどんな流れでやるの?」

■外壁塗装

ハイブリッド高耐候性塗料、日本ペイントの「パーフェクトシリーズ製品」を下地材によりパーフェクトトップ・ファインパーフェクトトップ等で仕上げます。

1.足場工事
塗替えを行う為には効率性・安全性を上げる為に作業用の足場が必要です。屋根でも傾斜が大きい時はその時に応じて足場を掛けて工事をします。

2.養生
塗装をしたときは、少なからず家のまわりに塗料が飛び散ります。家の塗り替えの場合、ローラーで塗装することがほとんどです。
家の塗り替えには、塗料がついてしまうと不都合な場所がたくさんあります。アルミサッシ、窓、地面の床、植木や植物などです。
そのために、ビニールやテープ、布などで覆って、塗料の飛び散りをふせぐことを「養生」といいます。
玄関前のタイル部分は少し厚めのシート(トントンシート)で養生します。

3.高圧洗浄水洗い
家の塗装工事における高圧洗浄は、外壁や屋根の塗装面にこびりついたカビやコケ、藻、汚れ、ほこりを高圧の水流によって洗い落として、塗料の接着をよくするために行います。※高圧洗浄でとりきれない汚れもあります。

4.補修工事
外壁のひび割れ、剥離、目地割れなどを下塗り塗装する前に補修していきます。

5.下塗り工事
高圧洗浄や、脆弱塗膜の剥離作業などの下地処理を終えた後に最初に塗料を塗る作業です。下地材によりパーフェクトフィラー・パーフェクトサーフ・パーフェクトシーラー・パーフェクトプライマー等の下塗り材を塗布します。

6.中塗り工事
ラジカル制御形ハイブリッド高耐候性塗料のパーフェクトトップ・ファインパーフェクトトップで中塗りをします。

7.上塗り工事
塗料をむらなく、均一に塗るために重ね塗りするのが原則です。下塗り、中塗り、上塗りを3工程の塗布で完璧に仕上げていきます。最終段階ですので仕上がりをチェックしながらの作業となります。

8.軒天・破風板・雨樋・庇工事
上塗り工事の後工事として材質によりここで工事を行います。

9.養生撤去
塗装工事完了の後、役目を果たした養生を撤去していきます。養生テープの特徴は、十分な粘着力があるにもかかわらず貼った後に綺麗に剥がせるもので、さらに注意深く作業を行います。

10.足場撤去
お客様の目で工事内容のご確認をお願いします。スタッフと一緒に足場に上っていただき、屋根の上や2階部分の普段は見難いところをご確認ください。 足場を撤去する前に塗り残しなどがないかを確認します。最終確認の後、足場の解体を慎重に行っていきます。

11.片付け清掃
足場撤去後、塗料缶や養生テープなど細かいゴミをくまなく掃除をします。

12.引き渡し
作業の最終段階、お客様へ引き渡しとなります。

■屋根塗装 [シリコン塗装]

2液形シリコン系屋根塗料、日本ペイントの「ファインルーフSi」を使用します。

1.足場工事
完璧な作業を行えるよう、完璧な作業場にするべき足場を組み上げていきます。

2.養生
屋根以外に塗料がついてはいけないところを、養生テープ・新聞紙・ビニールシートなどで覆って保護することです。本格的に塗装作業を開始する前に、養生をすることは大変重要な作業になります。現場に応じて自転車や自家用車も養生します。

3.高圧洗浄水洗い
高圧洗浄機を使って屋根のほこりや汚れを除去したり、塗料の劣化によって壁の表面にできた粉を落としたりします。古い汚れが残ったままでは、塗料を上に乗せられません。塗料がすぐに剥げてしまうからです。高圧洗浄機がかけられない部分は、ブラシなどを使って手作業で汚れを落としていきます。洗浄しながら屋根や屋根の劣化具合、傷みの詳細な状況をしっかり確認していきます。

4.補修工事
屋根材に割れがある場合や、サビがある状態のまま上から塗料を乗せてしまうと、雨漏りの原因にもなります。塗料の剥がれや場合も同様です。傷んでいる箇所は、屋根材の交換など補修します。塗装前の塗装面をヤスリやサンダーで削ったり、サビを取ったりするなど、「ケレン」という作業によって下地をきれいに整えます。

5.下塗り工事
はじめに下地強化材で下塗りを行います。その後の中塗り・上塗りがしっかり屋根に定着する為の工程です。鋼板屋根・トタン屋根にはハイポンルーフデクロ・ハイポンファインプライマーを化粧スレート屋根にはファイン浸透シーラー等で下塗り工事を行います。

6.中塗り工事
下塗りが完全に乾いたら中塗り工事になります。下地材が鋼板系・スレート系ともファインルーフSi塗料を塗布します。

7.上塗り工事
中塗りが完全に乾いたら上塗り工事を行います。中塗りと同じ塗料で中塗りの乾きを確認しつつ重ね塗りを行います。

8.養生撤去
塗装工事完了の後養生を撤去します。

9.足場撤去
工事内容を確認のうえ足場の撤去を行います。

10.片付清掃
塗料・養生テープ等の細かいゴミ等の掃除を行います。

11.引渡
作業の最終段階、お客様へ引き渡しとなります。

先ずは無料!外壁診断・無料見積もりいたします!